忍者ブログ
適当にまったりと リンクは基本フリーです
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

色も形も光も、それゆえ闇すらも無い、何もない。

ここはそういう場所。

そこに知性を持った何かが一つ、降り立った。

そのモノ自らの体を一欠片取り出し、それを手放すと辺りは閃光に包まれる。

それは次第に薄れ、やがて燃え盛り、太陽となった。

そしてまた自らの体を一欠片取り出し、それを手放すと一つの星が生まれた。

その星は、先に生まれた兄である太陽に近付こうと寄り添うが、あまりにも暑くて近寄れない。

故に星は太陽の周りを回りながら、兄に近付こうと暑くない場所を探す。

次第に星は疲れだしたのだろうか、少しずつ動きを緩めていく。

これを見て知性を持ったそのモノは、同様に数多の星を作り始めた。

そしてその知性を持ったモノは疲れたのか、一つの星にしばらく腰を落ち着ける事を決めた。



その星は、ただ荒れた大地が広がっているなんとも寂しい場所でしかなかった。

知性を持ったモノはその姿を見、また自らの体の一欠片を取り出すと空へと放り投げた。

その欠片は雲を作り星を覆うと、大地を洗い清めるために雨を降らせた。

たちまちに世界は水に覆われる。

知性あるものは同様の事を他の全ての星で行っていくことを決めた。

ある星では水が干上がり、またある星では水が凍り

またある星では水が星を縦横無尽に回り続けるだけであった。

太陽に近い星から次第に雲が晴れていき、遠い星になる程、雲が残り続け

仕舞いには雲が大地を覆いつくす星が生まれた。



そして太陽が光を照らし、熱を放ち、水を干上がらせる星が現れた。

しかし一つは暑すぎてしまい水が全て消えてしまい

また一つは寒すぎてしまい水が全て凍ってしまう。

そんな中でも水が凍らず、大地が顔を覗かせ、生命が生まれる星が現れた。

その星に知性を持ったモノは腰を落ち着けた。



次第に知性を持ったモノの中で一つの考えが浮かぶ。

 「この生命を全て壊したい」 と。

知性を持ったモノはその考えに恐怖し、その考えを押し出してしまう。

そして押し出した考えは自らの体を持ち

知性を持ったモノと同じ姿をしてそのモノの前に姿を現す。

そしてその悪しき知性を持ったモノは生命を破壊して回っていった。



その悪しき知性を持ったモノを止めるため、知性を持ったモノは説得を試みた。

しかし悪しき知性を持ったモノは説得に応じず、ただただ破壊を繰り返すのみだった。

これを見かねた知性を持ったモノは、悪しき知性を持ったモノと対決する心を決めた。



それから太陽が七回昇り、月が七回落ちた。



戦いは延々に続き、このままではいけないと知性を持ったモノが思う。



知性を持ったモノは自らの肉体を四つに分けた。

それぞれはその世界に住まう生命を模して作り

悪しき知性を持ったモノを撃退しようと試みる。

悪しき知性を持ったモノは翻弄され、このままでは負けてしまうと思い

同じように自らの体を四つに分けた。

それぞれはその世界に住まう生命を模してはいるが、明らかに異なる生き物へと姿を変える。

そしてその戦いは太陽が366回昇り、月が365回落ちた。




そして戦いは決着を迎える、両者共倒れという形で。

PR
ふとしたはずみで何かの映像が脳裏に浮かんだり

こうしたら面白いんじゃないかと思い浮かべたり

そういうのは自室に篭ってる時より

お風呂でシャワーを浴びてたり、表に出ていたり、作品を見ていたりするとき等の

「さぁ、何か創りろう」って意気込んでるときよりもそういった時よりも

別の何かをしてるときの方が浮かびやすかったりする。

特に最近は、重い荷物を担いでMP3プレイヤーから流れてくる

お気に入りの曲を聴いてるときに出てくる事が多い。



まぁ早い話、やれることはなんでもやってしまいましょう ということなんですけどね。

両親が離婚したのは三年前の三月の終わり頃だった。

理由は親父の浮気。

前々から不仲だった二人だけに

こういう結末になるんじゃないだろうかとなんとなくわかってた部分もあった。

そして俺と妹はお袋に引き取られた。

女手一つで育てるのは大変だろうけど

親父からふんだくった慰謝料もあって経済的には余裕もあったと思う。

 俺の親友が亡くなったのは二年前の四月の初めだった。

学校からの帰り道、俺とその親友が歩いていた歩道にトラックが突っ込んできた。

親友は俺を庇い、トラックの進行方向外に突き飛ばしてくれたお陰で

小さな擦り傷をおった程度で済んだが

親友は正面から追突を受け無残な身を地に晒す事になってしまった。

居眠り運転が原因だったらしい。

そいつは親友の両親に泣いて謝り、許しを請おうとしていたようだがどんなに謝っても

死んでしまったあいつはもう戻ってはこない。

 母親が再婚したのは去年の五月の半ばだった。

親父からの慰謝料が払ってもらえないと言われ、必死になって探し出したという。

相手も子がいて、二人姉弟という。

二人とも良い人で妹もすぐに二人とに馴染んだ。

でも俺は上手く馴染めず、ただ一人だけギクシャクしていたのを感じていたと。

もうこの家には俺の居場所は無い。

もうこんな悲しい春を迎えるのは嫌だ。

俺が家を飛び出したのは今年の二月頃だった。

最近あまりによくないことが続く。

故に私の心は空虚な伽藍としている。

そんな私が仕事の帰りにふと思い描いたキャラクターのプロフィールでもここに記入してみる。

画像はそのうちUPさせたい。これ前にも言ってような気がするが気のせいだな。

まぁ遅筆なんでもしかしたら絵すら描かないかもしれない。

 

待ち合わせの時間には少し早い時間に彼は着いてしまった。

時計を確認して、彼はそう思った。

時間を埋めるためにか、彼は一本のタバコをズボンのポケットより取り出した。

 

風が強いため、手で簡易的な風除けを作り、安物のライターで火を点ける。

そして彼はタバコを一気に吸った。

濁った空気が肺を満たしt

 

「ゲッホ ゲホゲホ オェエエ」

 

激しくムセる。

その拍子にタバコを取り落としてしまう。

 

「あっ」と小さく声を上げ、急いで取ろうとするが、風に吹かれてしまい、砂だらけになってしまった。

 

小さく舌打ちをし、タバコの火を揉み消す。

 

もう一本タバコを取り出しまた勢いよく点火させる。

今度はムセる事無く濁った空気を吸い込むことが出来た、が何か違和感を感じる。

タバコを見てみると、逆の位置をくわえ、逆の位置に火を点けていた。

 

また忌々しげに舌打ちすると、そのタバコを足元に落とし揉み消す。

 

そしてもう一本タバコを取り出そうとしたが、その手に握られていたタバコの箱は無残に握りつぶされていた。

怒りのあまり、勢いよく握り潰してしまったようだ。

 

彼はため息をつくと、そのタバコをゴミ箱へと捨てるのだった。

 

と、そのとき時計を確認すると、すでに待ち合わせの時間を随分と過ぎてしまっていた。

いつ来るとも知れない人を延々と待つもどかしさと、タバコを吸えないもどかしさの葛藤に悩まされ

苛立ちを感じるのであった。

 

 

 

 

 

コメント:エー、これを何かの話で使いたいとは思いつつも、どう使おうか迷う日々なんだよな・・・・

★ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
★ リンク
★ フリーエリア
★ 最新コメント
[06/22 若菜草@管理人]
[06/20 NONAME]
[08/25 若菜草@管理人]
[08/25 まこ]
[06/12 NONAME]
★ 最新トラックバック
(02/02)
(02/01)
(01/31)
★ プロフィール
HN:
若菜草
性別:
非公開
職業:
心はプータロー
趣味:
本読んだりとかゲームしたりとか絵描いたりとか
自己紹介:
メールはこちらへ
wakanakusa@hotmail.com
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ アクセス解析
★ カウンター
★ お天気情報

Copyright (c)若草庵 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]